山中のお改めとシシ狩り行事 やまなかのおあらためとししかりぎょうじ

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選定年月日:20200316
保護団体名:山中地区
備考:公開期日:毎年旧暦3月13日に近い日曜日(選択当時:お出かけの際は該当の市町村教育委員会にお問い合わせください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

山中の「お改め」と「シシ狩り」は、2つの祭事を一連の予祝行事として伝承したものである。前者は、御神体とする米の状態を検分するというもので、稲には神霊が宿るとする、稲霊の信仰を彷彿とさせる。後者は、シシ(猪や鹿など)に見立てた餅を弓で射つというもので、田畑を荒らす害獣の防除を願う行事であり、他に類例も少なく注目される。
「お改め」では、お筥に納められている米を、山中八幡神社裏手の小高い山の上にある、甘ノ宮と称する小社から下げてきて、榊の葉を咥えつつ、神職と宮総代だけで秘かに検分する。米の色艶や虫の付き具合をみるもので、後段の「シシ狩り」が終わった直後に、神主より「虫がたくさん付いていたので、今年は雨が多い」などと、その年の占い事として報告される。
「シシ狩り」は、猪や鹿などに作物を荒らされないよう、その年の豊作を祈願する予祝的な行事で、シシと称して獣に見立てたシトギ餅に向かって、氏子らが順次矢を放っていく。当たれば豊作だなどともいうが、なかなか上手くはいかず、次第に笑い声も高まっていく。最後には料理するとして、シシ肉を分け、人々に配られる。

関連リンク

山中のお改めとシシ狩り行事チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉井のシシウチ行事
池田の柴祭り
設楽のシカウチ行事
下伊那大河内のシカオイ行事
遠江のシシウチ行事
ページトップへ