絹本着色 焰摩天像 けんぽんちゃくしょく えんまてんぞう

絵画 / 室町 / 近畿 

室町
絹本着色
縦136.4cm×横56.7㎝
1幅
八尾市指定
指定年月日:20190305
宗教法人大聖勝軍寺 代表役員 奥野正弘
有形文化財(美術工芸品)

焰摩天は、梵天などと同じく仏教を守護する十二天の一尊で、冥界を司る閻魔王として知られている。本図では、波がうち寄せる岩の上にうずくまる水牛に座り、左手に人の顔がついた杖(人頭杖)をもっている。本絵画に類似する図像として、平安時代に描かれた京都・醍醐寺の作品(国宝)がある。
体部の輪郭が墨線で描かれていることや、金泥の絵具で描かれた着衣の龍や獅子の文様が色彩豊かであることから、室町時代中期、15世紀前半頃の制作と考えられる。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

絹本着色 焰摩天像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本着色 子島荒神像
絹本著色閻魔天曼荼羅図
十二天像
星曼荼羅
絹本著色十三仏図
ページトップへ