文化遺産オンライン

絹本着色 子島荒神像

けんぽんちゃくしょく こじまこうじんぞう

作品概要

絹本着色 子島荒神像

けんぽんちゃくしょく こじまこうじんぞう

絵画 / 室町 / 近畿

室町

絹本着色

縦82.3cm×横39.7㎝

1幅

八尾市指定
指定年月日:20190305

宗教法人大聖勝軍寺 代表役員 奥野正弘

有形文化財(美術工芸品)

子島荒神像は、日本の神仏習合の信仰から生まれた仏教の守護神として三種類(三宝荒神・如来荒神・子島荒神)のひとつで、平安時代に奈良県高市郡高取町・子島寺の僧・真興が悟りのなかで見出したと伝えられる唐装の神将姿が特徴である。本絵画は、岩の上に足を組んで座り、四本の腕それぞれに、密教などで使用される法具をもっている。
落ち着いた色調で描かれている一方で、体部の輪郭は細やかな朱線で描く伝統的な仏画の手法に基づいていることから、室町時代後期、15~16世紀の制作と考えられる。

絹本着色 子島荒神像をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

/ 荒神 / / 絹本

関連作品

チェックした関連作品の検索