仏頂尊勝母坐像 ぶっちょうそんしょうもざぞう

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 /  / 中国 

制作地:中国
清時代・17~18世紀
銅造、鍍金
1躯

女性の仏である仏母+ぶつも+の一つで、陀羅尼+だらに+という長文の呪文を仏格化したものです。三面に三目、八本の腕で表わされ、罪障消滅と延命長寿を祈願されました。独特の誇張された表情から、白色ターラー菩薩坐像(TC-267)と同じく北京の官営工房で制作されたと考えられます。

作品所在地の地図

関連リンク

仏頂尊勝母坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白色ターラー菩薩坐像
無量寿仏坐像
明月母坐像
虎面母立像
除蓋障菩薩坐像(八大菩薩のうち)
ページトップへ