Seated Usnisavijaya

Details

Seated Usnisavijaya

Sculpture / Qing Dynasty / China

Place of production:China

Qing dynasty, 17th–18th century

Gilt bronze

1躯

女性の仏である仏母+ぶつも+の一つで、陀羅尼+だらに+という長文の呪文を仏格化したものです。三面に三目、八本の腕で表わされ、罪障消滅と延命長寿を祈願されました。独特の誇張された表情から、白色ターラー菩薩坐像(TC-267)と同じく北京の官営工房で制作されたと考えられます。

Search by Seated Usnisavijaya

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ Qing / China /

Related Works

Search items related to work chosen