文化遺産オンライン

明月母坐像

めいげつぼざぞう

作品概要

明月母坐像

めいげつぼざぞう

彫刻 / / 中国

制作地:中国

清時代・18世紀

銅造、鍍金

1躯

乾隆帝(在位1735~95)が、母の長寿を祝して造らせた六品仏楼に奉納されていた金銅仏のひとつ。「大清乾隆年敬造」の下に「明月母」と尊名が記されます。六品仏楼の内、慈寧宮宝相楼第五楼閣に同一尊があり、これもいずれかの仏楼でブータダーマラ曼荼羅を構成していたのでしょう。

明月母坐像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Qing / / China /

関連作品

チェックした関連作品の検索