Seated Vrscika

Details

Seated Vrscika

Sculpture / Qing Dynasty / China

Place of production:China

Qing dynasty, 18th century

Gilt bronze

1躯

「乾隆年」銘の下に記される「巴哷沙雑扎天」は、十二宮における蠍+さそり+座のヴリシュチカを指します。インド仏教最後の聖典『時輪タントラ』にもとづく、史上最大の身口意具足時輪曼荼羅に登場し、外周の八大屍林に配されました。慈寧宮宝相楼では第三楼閣にあたり、立体曼荼羅の壮大さが偲ばれます。

Search by Seated Vrscika

Search by Tokyo National Museum

Keywords

隆年 / / Qing /

Related Works

Search items related to work chosen