一字金輪像(模本) いちじきんりんぞう

絵画 / 明治 

菱田春草模
明治時代・19世紀
紙本着色
112.72×85.15
1幅

一字金輪とは、密教において最も尊く、最も勝るとされる金輪仏頂のこと。大日金輪と釈迦金輪の二つがあるが、本作は大日金輪。模写した菱田春草は、東京美術学校卒業後に博物館の模写事業に関わっていた。菱田の模写は、原本の精神も写し取ったといわれる。(h16_081209)

作品所在地の地図

関連リンク

一字金輪像(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大仏頂曼荼羅
一字金輪曼荼羅
一字金輪像
菱田春草書簡 菱田家宛
菱田春草書簡 菱田家宛

菱田 春草・菱田千代

一字金輪坐像(模造)
一字金輪坐像(模造)

新納忠之介模作

ページトップへ