文化遺産オンライン

瑞花狻猊方鏡

ずいかさんげいほうきょう

作品概要

瑞花狻猊方鏡

ずいかさんげいほうきょう

金工 / 奈良 / 京都府

出土地:京都市西京区山田桜谷町出土

奈良時代・8世紀

銅鋳造

1面

口から霊気をはく四頭の狻猊(さんげい)を四隅に表わし、余白には唐花唐草文を配し、鈕も獅子にしている。この獅子と唐草を組み合わせた文様も唐鏡には多く見られる。出土地の近くには奈良から平安時代の墳墓が多くあり、その副葬品とみられている。(20060829_h012)         

瑞花狻猊方鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索