瑞花双鳳八花鏡 ずいかそうおうはっかきょう

その他の画像全4枚中4枚表示

金工 / 平安 / 千葉県 

出土地:千葉県成田市西大須賀字谷津 谷津経塚出土
平安時代・12世紀
銅鋳製
径16.1 縁高0.3
1面

鏡背の鈕左右に鳳凰、上方に瑞花が配置された八花鏡。鏡面に経筒や経巻の痕が認められるため、経筒の底板として利用、埋納されたと推定される。本例は通常経塚から出土する和鏡と形状、意匠とも大きく異なるため、唐代の八稜鏡が伝世され経塚造営時に埋納されたと考えられる。(190312_特集保存と修理)

作品所在地の地図

関連リンク

瑞花双鳳八花鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞花双鳳八稜鏡
瑞花鴛鴦五花鏡
瑞花双鳳八稜鏡
瑞花双鳳八稜鏡
瑞花鴛鴦八稜鏡
瑞花鴛鴦八稜鏡

伝福岡県内経塚出土

ページトップへ