文化遺産オンライン

龍虎二大字

りゅうこにだいじ

作品概要

龍虎二大字

りゅうこにだいじ

/ 安土・桃山

後陽成天皇筆

安土桃山時代・16~17世紀

紙本墨書

1幅

重要美術品

後陽成天皇は能書としても著名。「龍虎」の二字は、英雄・天子などを象徴する言葉として特に歴代帝王、政治家などに好んで揮毫(きごう)された。この二大字は雄大で迫力あふれる書風で、桃山文化の特徴をよく示している。(140917_h082)

龍虎二大字をもっと見る

後陽成天皇筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

陽成 / 天皇 / 桃山 / 宸翰

関連作品

チェックした関連作品の検索