蓬莱柄鏡 ほうらいえかがみ

金工 / 室町 

室町時代・16世紀
銅鋳造
1面

松樹に流水、鶴、亀をあしらったデザインは蓬莱文と呼ばれ、鏡背の文様としては、鎌倉時代より用いられてきた。この柄鏡では流水が省略され、すっきりとした表現となっている。柄は鏡の径に対して長く、柄鏡の登場した初期的な特色を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

蓬莱柄鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桐唐草柄鏡
桐唐草柄鏡

銘「天下一」

蓬莱鏡
蓬莱鏡
龍虎柄鏡
龍虎柄鏡

国重

扇面散双鶴鏡
ページトップへ