桐唐草柄鏡 きりからくさえかがみ

金工 / 安土・桃山 

銘「天下一」
安土桃山時代・16~17世紀
銅鋳造
1面

工人に「天下一」の称号を与えることは、織田信長の時代に始まったといい、鏡師だけでなく茶釜を作る釜師や、漆工品の塗師{ぬし}にも付与されたという。すっきりとしたデザインに天下一号をあしらったシンプルなデザインが、この時代の特色を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

桐唐草柄鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柳樹水汲柄鏡
柳樹水汲柄鏡

銘「天下一若狭」

桐紋柄鏡
桐紋柄鏡

銘「天下一」

蓬莱柄鏡
富士薄名月柄鏡
富士薄名月柄鏡

銘「天下一人見作」

梅竹柄鏡
梅竹柄鏡

銘「天下一津田薩摩守」

ページトップへ