文化遺産オンライン

柳樹水汲柄鏡

りゅうじゅみずくみえかがみ

作品概要

柳樹水汲柄鏡

りゅうじゅみずくみえかがみ

金工 / 江戸

銘「天下一若狭」

江戸時代・17世紀

銅鋳造

1面

銘文:「天下一若狭」

柄鏡は銅製の鏡に柄をつけたもので、日本では16世紀以降さかんに生産されるようになり、江戸時代17世紀以降は市民の間でも広く使用された。柳の木を背景に水を入れた桶を運ぶのは水売りか。「天下一」は選りすぐられた鏡の工人であることを示す称号。

柳樹水汲柄鏡をもっと見る

銘「天下一若狭」をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天下一 / / / 鋳る

関連作品

チェックした関連作品の検索