文化遺産オンライン

扇面散双鶴鏡

せんめんちらしそうかくきょう

作品概要

扇面散双鶴鏡

せんめんちらしそうかくきょう

金工 / 室町

室町時代・15世紀

銅製鋳造

1面

背面に扇散らしの意匠を鋳表【いあらわ】した銅鏡で、扇面には菊、梅、亀甲繋ぎなどの文様が表される。鏡の径はおよそ7cmと小さいが、鏡は厚く重厚感があり、文様の構成はやや煩雑で、鋳造による表現も荒々しさが見られる。これらは室町時代の鏡の特色である。(20160102_h14 特集寿ぎ)

扇面散双鶴鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Muromachi / / Mirror

関連作品

チェックした関連作品の検索