文化遺産オンライン

切子ガラス漬物入れ 一対

きりこがらすつけものいれ いっつい

作品概要

切子ガラス漬物入れ 一対

きりこがらすつけものいれ いっつい

ガラス / 明治

駒井庄太郎製ヵ/大阪ヵ

明治36年/1903年

ソーダ石灰ガラス

A:総高15.4 口径7.6/B:総高15.5 口径7.6

2

びいどろ史料庫コレクション

来歴:2009びいどろ史料庫→2011神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『開館30年プレ企画 受贈記念速報展 和ガラスの神髄―びいどろ史料庫名品選図録』(2011)

蓋、身ともに面取りが施された蓋付きの容器。カットは車状工具によるもので、それぞれのカット面にばらつきがみられる。蓋と身は摺り合わせによって調整されている。本器は、収納箱の側面に「洋食器漬物入」とあることから、その用途がうかがい知れる。また、収納箱の底面には、第五回勧業博覧会で購入した旨が記される点でも興味深い。

なお、明治9年(1876)、大阪・南本町に創業した駒井硝子商店のカタログ『CATAROG OF GLASSWARE FOR EXPORT』CATALOG NO.8には、ガラス器、及び金属器ともに類似する図版が掲載されている。第五回内国博の開催地(大阪天王寺)、大阪で製造された海外向けのガラス器と想定される。

【びいどろ・ぎやまん・ガラス】

切子ガラス漬物入れ 一対をもっと見る

駒井庄太郎製ヵ/大阪ヵをもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

びいどろ / ガラス / 史料 /

関連作品

チェックした関連作品の検索