手彫り薩摩切子紫色被せガラスちろり てぼりさつまきりこむらさきいろきせちろり

ガラス / 江戸 

製作者不詳/薩摩系
江戸後期~明治前期/1844年~1887年
鉛ガラス
A:16.0×16.2 B:16.4×16.0
比重値[A](蓋)3.56 B:(蓋)3.57
1対2点


来歴:1995びいどろ史料庫→2010年神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『開館30年プレ企画 受贈記念速報展 和ガラスの神髄―びいどろ史料庫名品選図録』(2011)
・棚橋淳二「手彫り切子の意匠と材質(Ⅱ)」(日本ガラス工芸学会『GLASS』No.58、2014)
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019

「出次(だしつぎ)」と収納箱に書付のある1対のちろり。溶着による身の側面、及び蓋の紫色の被せガラスは、斜格子に魚子文(ななこもん)です。把手の紫色被せガラスは、面取りされ、色ガラスが残る部分には魚子文がみられます。把手の繋ぎ目にみられる銀の補修からは、実際に調度品として使用されていたことがうかがえます。本作は平成23年(2011)に受贈した「びいどろ史料庫」旧蔵品の作品です。


【びいどろ・ぎやまん・ガラス】

作品所在地の地図

関連リンク

手彫り薩摩切子紫色被せガラスちろりチェックした作品をもとに関連する作品を探す

手彫り薩摩切子紫色被せ斜格子に魚子・麻の葉文脚付ガラス杯
紫色被せ切子霰/格子に菊文ガラス墨台
手彫り薩摩切子格子に魚子文羊頭形ガラス筆洗
手彫り切子銅赤色被せ剣菊/円・格子に菊文グラヴュール唐草文ガラス鉢
切子霰・ホブネイル文八角ガラス酒瓶
ページトップへ