Teborisatsumakirikokoshininanakomonyotogatagarasuhisen

手彫り薩摩切子格子に魚子文羊頭形ガラス筆洗

Details

Teborisatsumakirikokoshininanakomonyotogatagarasuhisen

手彫り薩摩切子格子に魚子文羊頭形ガラス筆洗

ガラス / 江戸

製作者不詳/日本・薩摩系

江戸時代後期/1850年~1868年

鉛ガラス

高7.4 長径10.7 短径8.5 比重3.71

1

びいどろ史料庫コレクション

来歴:1977びいどろ史料庫→2011神戸市立博物館

参考文献:
・土屋良雄『薩摩切子』(紫紅社、1983)
・棚橋淳二「江戸時代のガラス器の比重(三)」(松蔭女子学院大学・松蔭女子学院短期大学『研究紀要』第28号 人文科学・自然科学篇、1986)
・土屋良雄「薩摩切子 藍色船形鉢」(『国華』第1212号、国華社、1996)
・サントリー美術館『一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子』(2009)
・神戸市立博物館『開館30年プレ企画 受贈記念速報展 和ガラスの神髄―びいどろ史料庫名品選図録』(2011)
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録(2019)

黄色味を帯びたガラス素地の筆洗。正面には羊の角のような渦巻き、背面には巴文が彫り付けられています。両側面には斜格子に魚子(ななこ)文、口縁は鋸歯(きょし)状の切子がみられます。正面上部の渦巻文の円形がくずれている点、正面下部に配されたクモの巣文をみると、3辺の接点が微妙にずれている点など、棒状工具で曲面に切子を施すことの、技術的な難しさがみえてきます。

色被(き)せの薩摩切子の作例を含めて、数点の類品が確認されており、本作は手彫り薩摩切子の一例と考えられています。

【びいどろ・ぎやまん・ガラス】

Related Works

Search items related to work chosen