手彫り薩摩切子青緑色被せガラス蓋物 てぼりさつまきりこあおみどりいろきせがらすふたもの

ガラス / 江戸 

製作者不詳/日本・薩摩製
江戸時代後期/1851年~1858年
鉛ガラス
総高6.8 口径9.8 蓋重223.0 比重3.65 身重394.8 比重3.67
1
びいどろ史料庫コレクション

来歴:2001びいどろ史料庫→2011神戸市立博物館

参考文献:
・サントリー美術館『一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子』(2009)
・神戸市立博物館『ギヤマン展 あこがれの輸入ガラスと日本』(神戸新聞社、2014)
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019

爽やかな青緑色のガラスを被せた蓋物。蓋の表、身の周囲、底面には、変形八角籠目の切子文が確認できます。八角籠目のパネル上部には魚子文が施されています。
青緑色のガラスを被せた切子は、本作品を含めて数点しか確認されておらず、貴重な作例といえます。青緑色のガラスは銅による発色。厚み3mm程もある被せガラスと透明ガラスとの境目にみられるぼかしが魅力的な作品です。

【びいどろ・ぎやまん・ガラス】

作品所在地の地図

関連リンク

手彫り薩摩切子青緑色被せガラス蓋物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

手彫り薩摩切子紫色被せ斜格子に魚子・麻の葉文脚付ガラス杯
手彫り切子藍色被せ輪結び霰文ガラス蓋物
手彫り切子藍色被せ輪結び霰文ガラス蓋物

製作者不詳/日本・薩摩製ヵ

手彫り薩摩切子銅赤色被せ切子菊/格子に菊文ガラス段重
手彫り薩摩切子格子に魚子文羊頭形ガラス筆洗
手彫り薩摩切子紫色被せガラスちろり
ページトップへ