本町西契約講帳 もとまちにしけいやくこうちょう

文書・書籍 / 江戸  明治  大正  昭和以降 / 東北 

宮城県
江戸後期から昭和/1778~1950
紙本
171冊
宮城県柴田郡村田町大字村田字迫85
村田町指定
指定年月日:20160325
村田町
有形文化財(美術工芸品)

講帳は、最も古いのは、安永7年(1778)から平成3年まで書き継がれたものである。安永9年のみ欠けている。毎年10月の寄合に伴い、宿になった家が作成した。内容は、構成員の名簿、献立、食材の経費、穀物と銭の相場、協議された事柄や、村での災害、事故なども記録されている。また、村田館主であった芝多氏から、京都に出された御触書などの情報も書き込まれており、当時の状況が判る。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

本町西契約講帳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柴田郡足立村絵図面
旧大沼家住宅 新蔵
旧大沼家住宅 内蔵
旧大沼家住宅 塩蔵
旧大沼家住宅 西蔵
ページトップへ