近江のケンケト祭り長刀振り おうみのけんけとまつりなぎなたふり

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 近畿 

滋賀県
滋賀県守山市、甲賀市、東近江市、蒲生郡竜王町
指定年月日:20200316
保護団体名:近江のケンケト祭り長刀振り連合保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 近江のケンケト祭り長刀振りは、滋賀県守山市、甲賀市、東近江市、蒲生郡竜王町に伝承される祭礼芸能であり、多くはケンケト祭りと称する、各地の春祭りで行われている。楽器を奏しながらの踊りと、棒振りや長刀踊りという芸能があり、いずれも少年たちによって演じられる。さらに、神輿(みこし)や傘鉾(かさほこ)、少年たちによる踊り、棒振りや長刀踊りなどで構成される神幸行列に、「花」や「鷺」(さぎ)と呼ぶ鉾が伴なうという特色がある。ケンケトという名の由来は、各地に諸説伝わるが、子供たちが打つ鉦(かね)の口唱歌と考えられている。
 本件が伝承されるのは滋賀県の湖南(こなん)・湖東(ことう)地域である。守山市杉江町(すぎえちょう)の小津神社(おづじんじゃ)、同市幸津川町(さづかわちょう)の下新川神社(しもにいかわじんじゃ)、甲賀市土山町(つちやまちょう)の瀧樹神社(たぎじんじゃ)、東近江市蒲生岡本町(がもうおかもとちょう)の高木神社、同市宮川町(みやがわちょう)の八坂神社、蒲生郡竜王町の杉之木(すぎのき)神社の各春祭りに行われている。湖南・湖東地域には独特の囃子詞(はやしことば)を有し、美しく装った子どもたちが、太鼓や鞨鼓(かっこ)、ササラなどの楽器を奏しつつ踊る芸能が広く分布しており、本件はその一つである。これらは、近世初期に京都で流行していた芸能がほどなく流入し、当該地域の祭礼芸能として受け継がれてきたと考えられるものである。
 本件の記録としては、小津神社の氏子である杉江地区が当番を務めた年の祭礼役者付が残されている。天明五年(一七八五)から大正四年(一九一五)の間の記録であり、楽…

作品所在地の地図

関連リンク

近江のケンケト祭り長刀振りチェックした作品をもとに関連する作品を探す

近江湖南のサンヤレ踊り
有東木の盆踊
近江の郷祭り
洲崎踊
東伊豆地方の鹿島踊
ページトップへ