山中家住宅主屋 やまなかけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 近畿 

三重県
江戸/1830~1868
木造平屋一部2階建、瓦葺、建築面積209㎡
1棟
三重県名張市本町200
登録年月日:
登録有形文化財(建造物)

市中心部、初瀬街道沿いのもと宿屋。主屋は街道に東面して建つ。切妻造の北棟と入母屋造の南棟からなるつし二階建で、正面下屋上を白漆喰で軒裏まで塗込める。両棟とも3室を並べて奧を座敷とし、北棟は南に土間を通す。近世宿場町の景観を伝える町家である。

作品所在地の地図

関連リンク

山中家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山中家住宅北蔵
梅田家住宅主屋
梅田家住宅表蔵
小川家住宅主屋
旧細川家住宅主屋
ページトップへ