文化遺産オンライン

三折れ人形

みつおれにんぎょう

作品概要

三折れ人形

みつおれにんぎょう

染織 / 江戸

秋月作

江戸時代・19世紀

1体

 腰や腿・膝・足首の関節を曲げられる三折人形。ひざの関節を曲げると、ふくらはぎが腿の後ろ側に作られたくぼみにぴたりと収まるようになっており、立つ、座る、両方のポーズをとらせることができる。御所人形のような大きな頭が愛らしい。 (2007/07/03_h14)

三折れ人形をもっと見る

秋月作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

人形 / 御所 / にんぎょう /

関連作品

チェックした関連作品の検索