日本三代実録 にほんさんだいじつろく

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 

25.1×18.1cm
20冊
愛媛県歴史文化博物館
未指定

平安時代中期に編纂された清和、陽成、光孝天皇の代である天安2年(858)から仁和3年(887)の国史。日本書紀、続日本紀など六国史のうちの一つ。宇多天皇の命により編纂され、醍醐天皇の延喜元年(901)、藤原時平らの手で完成。本資料は、江戸時代末期の刊。平安時代、9世紀後半の国史であり、様々な記事が見られるが、伊予国関係では貞観8年10月23日条の宇和郡を分割して宇和郡、喜多郡とする記事(巻十三)、貞観9年11月10日条の伊予国宮崎村に海賊が群集掠奪する記事(巻十四)や貞観12年8月28日条の大山積神、磯野神、野間神などに神階叙位する記事(巻十八)が見られる。

作品所在地の地図

関連リンク

日本三代実録チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日本書紀 巻第十残巻
釈日本紀(伊予国風土記逸文)
延喜式神名帳
知信記〈天承二年春記/〉
延喜式(九條家本)
ページトップへ