釈日本紀(伊予国風土記逸文) しゃくにほんぎ(いよのくにふどきいつぶん)

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 愛媛県 

卜部兼方
うらべかねかた
冊子
27.4×19.5cm
15冊
愛媛県歴史文化博物館
未指定

『釈日本紀』は、古代の根本史料である『日本書紀』を鎌倉時代後期頃に卜部兼方が編纂した注釈書。奈良時代には成立したものの、現在には伝存していない「伊予国風土記」の文章が引用されている。巻七では「伊予郡」、「天山」(現在の松山市天山付近の伝説)の記述があり、巻十四には古代の道後温泉について紹介されているなど、古代伊予国に関する基礎史料といえる。全15冊。本資料は江戸時代の版本。

作品所在地の地図

関連リンク

釈日本紀(伊予国風土記逸文)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

延喜式神名帳
和名類聚抄
三教指帰刪補鈔
愛媛面影
愛媛面影

半井梧菴

万葉集
ページトップへ