三教指帰刪補鈔 さんごうしいきせんほしょう

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 

江戸時代刊
27.4×19.4cm
9冊
未指定

延暦16年(797)成立の空海著「三教指帰」の注釈書。宝永4年(1707)刊。編者は梅国泰音。江戸時代に広く普及した注釈書の運敞編「三教指帰註刪補」をさらに補注したものである。四国関係の記述では「三教指帰」にて空海が修行した場所として「石峯」(伊志都知太気)、「金巌」(加祢乃太気)が登場するが、その注釈として「按金巌在伊予国」、「按石槌嶽在伊予国」と記され、空海が伊予国(愛媛県)にて修行したと注釈している。

作品所在地の地図

関連リンク

三教指帰刪補鈔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三教指帰
三教指帰

空海

三教指帰簡註
釈日本紀(伊予国風土記逸文)
懐風藻
万葉集
ページトップへ