空海僧都伝 くうかいそうずでん

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 

江戸時代刊/1716
27.9×19.2cm
1冊
愛媛県歴史文化博物館
未指定

空海の没後間もない時期に成立した伝記。空海の十大弟子・真済が著したとされるが諸説ある。空海を人間的に扱い、未だ神格化されていない内容であり、弘法大師の諡号が下賜された延喜21年(921)以前の撰述で、空海の伝記としては古いものである。本資料は正徳6年(1716)刊。

作品所在地の地図

関連リンク

空海僧都伝チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高野大師行状図画
御遺告
御遺告

空海

三教指帰刪補鈔
三教指帰
三教指帰

空海

弘法大師御勘文
ページトップへ