金剛般若経開題残巻 コンゴウハンニャキョウカイダイザンカン

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 平安 

空海(弘法大師)
制作地:日本
平安
紙本墨書
縦 27.6 cm 横 202.4 cm
1巻
国宝

空海が『金剛般若経』の経題を解釈したもの。草書体のまま行書を交えた書体で書かれ、所々に抹消、修正、および追記などがあるところから草稿本と見なされる。草稿本であるためいかにも忽卒(こっそつ)に書かれてはいるが、それだけに空海のありのままの筆跡を伝えるものとして貴重なもの。奈良国立博物館などにも同種の残巻が保管されている。

作品所在地の地図

関連リンク

金剛般若経開題残巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

空海筆 金剛般若経開題残巻(三十八行)
金剛般若経開題残巻〈弘法大師筆/(六十三行)〉
金剛般若経開題残巻〈弘法大師筆/(三十八行)〉
金剛般若集験記
大日経開題
ページトップへ