大日経開題 だいにちょきょうかいだい

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 愛媛県 

空海
くうかい
江戸時代刊
典籍
26.1cm×18.6cm
2冊
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

真言宗では『大毘廬遮那成仏神変加持経』(いわゆる『大日経』)と『金剛頂経』を両部の大経として重要視し、中世以降に『蘇悉地羯囉経』(いわゆる『蘇悉地経』)を加えて真言三部経と呼ばれるようになった。『大日経』には「一切智々」(絶対の智恵)を得る方法とその根拠を説いているがこれを空海が解説したのがこの『開題』であり、醍醐寺に空海筆の『大日経開題』(国宝)が保管されている。本資料は江戸時代刊。

作品所在地の地図

関連リンク

大日経開題チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吽字義
吽字義

空海

大毘廬遮那成仏神変加持経
手鑑「藻塩草」 大毘廬遮那成仏神変加持経(大日経)巻第一断簡(由良切)
文鏡秘府論
三教指帰
三教指帰

空海

ページトップへ