大毘廬遮那成仏神変加持経 だいびるしゃなじょうぶつじんぺんかじきょう

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
紙本墨書
1巻

『大日経』として知られる真言密教の最も重要な経典です。この経典の説く内容にもとづいて胎蔵界曼荼羅が描かれるのです。本経は散らし書きの仮名消息を料紙として、故人の供養のために書写したものです。平経政の消息を御室の守覚法親王が書写したとの伝承があります。

作品所在地の地図

関連リンク

大毘廬遮那成仏神変加持経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大毘盧遮那成仏神変加持経 巻第四
大毘盧遮那成仏神変加持経巻第六(大日経)
大日経開題
両界曼荼羅図
手鑑「藻塩草」 大毘廬遮那成仏神変加持経(大日経)巻第一断簡(由良切)
ページトップへ