憲法発布五十年記念銀杯 けんぽうはっぷごじゅうねんきねんぎんぱい

その他 / 昭和以降 / 愛媛県 

昭和/1938
銀杯
直径9㎝
1点
箱書き有り
愛媛県歴史文化博物館

昭和13年2月11日、貴族院議長頼壽、衆議院議長小山松壽、内閣総理大臣近衛文麿らの主催により、貴族院議場において憲法発布五十年祝賀式典が開催された。昭和天皇が臨席予定であったが、風邪のため秩父宮が名代を勤めた。式典には各親王、貴衆両院議員、内閣総理大臣及び国務大臣、府県知事など1300名が参列した。秩父宮が勅語を奉読、次に内閣総理大臣、貴族院議長、衆議院議長が祝辞を述べた。式典終了後、貴衆両院議員はそれぞれの院の議員食堂に参集して祝宴を催した。当日参列諸員には木杯が、貴衆両院議員には銀杯が下賜された。
本資料は当時愛媛県出身の貴族院議員(多額納税者議員)仲田伝之じょう(「じょう」は「長」に「公」)(1871~1941)に下賜されたもの。仲田は松山市府中町(現木屋町)で旧藩以来大年寄を勤めた家に生まれた。明治42年に仲田銀行頭取、大正5年に愛媛県農工銀行頭取、大正12年には松山商業会議所会頭を勤め、周囲の信望が厚かった。               

作品所在地の地図

関連リンク

憲法発布五十年記念銀杯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

荻外荘(近衞文麿旧宅)
『衆議院議員選挙事務提要』
楽々荘洋館
毛利元徳肖像画
菊御紋付化粧道具
ページトップへ