行書七言古詩四屛 ぎょうしょしちごんこししへい

その他の画像全4枚中4枚表示

 /  / 中国 

趙之謙筆
制作地:中国
清時代・光緒9年(1883)
虎斑箋墨書
各166.0×34.0
4幅

【東洋館用】虎斑箋(こはんせん)に、七言古詩を行書で揮毫した四屏です。逆入平出の筆法を我がものとし、雄偉きわまりない、円熟した老練の境地を示すこの作は、趙之謙(ちょうしけん)が晩年に到達した「北魏書(ほくぎしょ)」を代表する、記念碑的な作例と言えます。歿する前年、趙之謙55歳の作です。(140729_t08)

【本館用】虎斑箋(こはんせん)に、七言古詩を行書で揮毫した四屏である。逆入平出の筆法を我がものとし、雄偉きわまりない、円熟した老練の境地を示すこの作は、趙之謙が晩年に到達した「北魏書(ほくぎしょ)」を代表する、記念碑的な作例と言える。歿する前年、趙之謙55歳の作。

作品所在地の地図

関連リンク

行書七言古詩四屛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花卉図四屏
花卉図四屏

趙之謙筆

楷書「小黄香簃」横披
行書七言絶句軸
行書七言絶句軸

董其昌筆

富貴図軸
富貴図軸

趙之謙筆

斉雲館印譜
斉雲館印譜

呉昌碩作

ページトップへ