文化遺産オンライン

白磁瓜形水滴

はくじうりがたすいてき

作品概要

白磁瓜形水滴

はくじうりがたすいてき

陶磁 /

中国・徳化窯

清時代・17~18世紀

磁製

高9.5 縦5.6 横5.3

1口

瓜をかたどった水滴で、福建省徳化県に位置する徳化窯で作られたものです。明時代から清時代にかけて牙白色の釉色に特色がある独特の白磁を焼造しました。とくに高士や観音などの人物像の生産で知られています。書家青山杉雨(1912~93)旧蔵品。

白磁瓜形水滴をもっと見る

中国・徳化窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

徳化 / 白磁 / Qing / マリア

関連作品

チェックした関連作品の検索