練条機(DF型) れんじょうき(でぃーえふがた)

その他 / 昭和以降 

愛知県
昭和以降/1951
150×390×160
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
株式会社豊田自動織機

前の梳綿工程で作られた梳綿機スライバーの太さを一層均斉にするとともに、繊維の平行度を良くするために、6あるいは8本のスライバーを重合して、6ないし8倍に引き伸ばします。1回の処理では充分な効果が得られないので、通常は荒、中、仕上げと3回繰り返され、次の粗紡工程に供給されます。
展示機は、1935年より株式会社豊田自動織機製作所が開発した1951年製のものです。

関連リンク

練条機(DF型)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

粗紡機(FS型)
梳綿機(カード:CK7D型)
梳綿機(カード:CE型)
練条機(DU型)
練条機DVA型
ページトップへ