高林家住宅主屋・隠居 たかばやしけじゅうたくしゅおく・いんきょ

住居建築 / 昭和以降 / 中部 

静岡県
昭和前/1929
木造平屋建、瓦葺、建築面積147㎡
1棟
静岡県浜松市東区有玉南町字宮廻1646-3
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

主屋は切妻造妻入で妻に曲材の梁と千鳥配置の束を意匠的にみせる。玄関東側はサンルーム付の一二畳、西側は幅広の棚をもつ座敷、その西に隠居を雁行させる。ナグリ仕上の梁を現し、建具に紗綾形、卍崩を用いるなど民芸運動につながる意匠をよく示す。

作品所在地の地図

関連リンク

高林家住宅主屋・隠居チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高林家住宅田舎家
高林家住宅蔵
長田家住宅(旧石阪家住宅)主屋
伊藤家住宅主屋
明治屋醤油離れ
ページトップへ