双家鴨図扇面 そうかおうずせんめん

絵画 /  / 中国 

惲冰筆
制作地:中国
清時代・嘉慶12年(1807)
紙本着色
16.3×51.7
1枚
銘文:丁卯春三月之望写清於女史惲冰 ; 惲冰 ; 清於

惲冰(生歿年不詳)は武進(江蘇省常州)の人。乾隆から嘉慶、道光年間に活躍した女性画家で、字を清於、号を浩如、蘭陵女史といい、毛鴻調の妻となりました。清初の著名な花鳥画家・惲寿平(うんじゅへい)(南田)の一族と言われ、同じく女性画家であった馬荃(ばせん)と並び称されました。(130226_t081)

作品所在地の地図

関連リンク

双家鴨図扇面チェックした作品をもとに関連する作品を探す

隷書六言詩横披
秋山行旅図巻
秋山行旅図巻

蕭雲従筆

春水吹簫図扇面
芍薬図軸
芍薬図軸

李鱓筆

隷書八言聯
隷書八言聯

陳鴻寿筆

ページトップへ