文化遺産オンライン

三代目市川高麗蔵の志賀大七

さんだいめいちかわこまぞうのしがだいしち

作品概要

三代目市川高麗蔵の志賀大七

さんだいめいちかわこまぞうのしがだいしち

絵画 / 江戸

東洲斎写楽筆

江戸時代・寛政6年(1794)

大判 錦絵

1枚

重要文化財

寛政6年5月桐座で上演の「敵討乗合話(かたちうちのりやいばなし)」に取材した作品。松下造酒之進(まつしたみきのしん)を殺害する場面で、胸元から柄頭に手を伸ばし不敵な笑いを浮かべている。三代目市川高麗蔵は、目つきが鋭く高い鷲鼻で、実悪を得意とした。役柄と個人の特徴がよく捉えられている。

三代目市川高麗蔵の志賀大七をもっと見る

東洲斎写楽筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

代目 / Sharaku / 寛政 / 市川

関連作品

チェックした関連作品の検索