文化遺産オンライン

市川鰕蔵の竹村定之進

いちかわえびぞう たけむらさだのしん

作品概要

市川鰕蔵の竹村定之進

いちかわえびぞう たけむらさだのしん

絵画 / 江戸

東洲斎写楽筆

江戸時代・寛政6年(1794)

大判 錦絵

37.7×25.2cm

1枚

重要文化財

寛政6年5月河原崎座上演の「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそねわけたづな)」に取材。能指南役(のうしなんやく)の竹村定之進は、不義(ふぎ)の娘の身代わりとなって切腹する役です。市川蝦蔵は、五代目団十郎の改名。この時期を代表するスケールの大きな役者の特徴が風格をもって描き出されています。

市川鰕蔵の竹村定之進をもっと見る

東洲斎写楽筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

寛政 / 東洲斎写楽 / 市川 / 代目

関連作品

チェックした関連作品の検索