文化遺産オンライン

三代目坂東彦三郎の鷺坂左内

ばんどうひこさぶろう さぎさかさない

作品概要

三代目坂東彦三郎の鷺坂左内

ばんどうひこさぶろう さぎさかさない

絵画 / 江戸

東洲斎写楽筆

江戸時代・寛政6年(1794)

大判 錦絵

37.6×24.2cm

1枚

重要文化財

寛政6年(1794)5月、蔦屋重三郎を版元として出版された雲母摺(きらずり)の役者大首絵28種のうちの1枚。河原崎座で上演された『恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけてづな)』で、伊達(だて)の与作(よさく)の烏帽子親鷺坂佐内(えぼしおやざきさかさない)を演じる三代目坂東彦三郎(ばんどうひこさぶろう)が、与作のところへ腰元重(しげ)の井(い)を連れてくる場面とされる。(20111213_h102)

三代目坂東彦三郎の鷺坂左内をもっと見る

東洲斎写楽筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

寛政 / 東洲斎写楽 / Sharaku / Important

関連作品

チェックした関連作品の検索