文化遺産オンライン

二代目瀬川富三郎の大岸蔵人妻やどり木

にだいめせがわとみさぶろう おおぎしくらんどのつま ぎ

作品概要

二代目瀬川富三郎の大岸蔵人妻やどり木

にだいめせがわとみさぶろう おおぎしくらんどのつま ぎ

絵画 / 江戸

東洲斎写楽筆

江戸時代・寛政6年(1794)

大判 錦絵

37.5×25.0cm

1枚

重要文化財

寛政6年(1794)5月、蔦屋重三郎を版元として出版された雲母摺の役者大首絵28種のうちの1枚。都座で上演された『花菖蒲文禄曽我(はなあやめぶんろくそが)』で、敵討ちを助ける武士の奥方を演じている。同じ時期に人気役者中山富三郎がいたため、「にく富」と辛(しん)らつにあだ名された。

関連作品

チェックした関連作品の検索