文化遺産オンライン

尾上松助の松下造酒之進

おのえまつすけ まつしたみきのしん

作品概要

尾上松助の松下造酒之進

おのえまつすけ まつしたみきのしん

絵画 / 江戸

東洲斎写楽筆

江戸時代・寛政6年(1794)

大判 錦絵

39.0×26.0cm

1枚

重要文化財

寛政6年5月桐座で上演の「敵討乗合話(かたきうちのりやいばなし)」に取材した作品。崩れた髷(まげ)、隈(くま)のある目、うっすら伸びた髭に病と貧困に疲れた造酒之進の境遇が語られています。志賀大七に殺害される役で、三代目市川高麗蔵(こまぞう)が演じる不敵な笑いの志賀大七と向き合って構成されています。

尾上松助の松下造酒之進をもっと見る

東洲斎写楽筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

寛政 / 東洲斎写楽 / Sharaku / Important

関連作品

チェックした関連作品の検索