Standing Kannon Bosatsu (Avalokitesvara)

Details

Standing Kannon Bosatsu (Avalokitesvara)

Sculpture / Heian / Kyoto

Place excavated:Excavated near Shorinji, Kamiuma-cho, Higashiyama-ku, Kyoto

Heian period, 10th-11th century

Gilt bronze

総高25.2 像高20.6

1躯

太づくりの体に古いかたちを残すが、伏し目で口元が小さく、衣のひだも整っているため、平安時代中期頃の制作とみられる。筒状の宝冠には僅かに仏坐像の姿が認められ、観音菩薩とわかる点は貴重。出土品のため表面は腐食しているが、当初の姿をよく伝える。

Related Works

Search items related to work chosen