桃実図軸 とうじつずじく

絵画 /  / 中国 

呉昌碩筆
制作地:中国
清時代・光緒33年(1907)
紙本淡彩
(本紙)77.3×33.0
1幅

西王母(せいおうぼ)の住んでいた瑤池(ようち)にある蟠桃(ばんとう)は、三千年に一度実を結ぶといい、その実を食べれば寿命が延びるという。桃は不老長寿を意味し仙人、寿桃といわれる。呉俊卿(字は昌碩(しょうせき))は中国近代を代表する文人。篆刻書画をよくした。    

作品所在地の地図

関連リンク

桃実図軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桃堆朱盆
桃堆朱盆

「大明嘉靖年製」銘

秋色斕斑図軸
秋色斕斑図軸

呉昌碩筆

王母献寿図
王母献寿図

熊斐筆

袱紗 紅縮緬地桃唐団扇模様
東方朔図
東方朔図

月僊

ページトップへ