石棒 せきぼう

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 縄文 / 山梨県 

出土地:山梨県富士川町平林出土
縄文時代(中期)・前3000~前2000年
石製
長90 ; 最大 径11.6
1個

土(ど)偶(ぐう)が女性を象徴する縄文時代の祈りの道具である一方で、男性を象徴する祈りの道具が石(せき)棒(ぼう)です。石棒には男性器を写実的に表現したものがあることから、子(し)孫(そん)繁(はん)栄(えい)や豊(ほう)饒(じょう)を祈るためのものと考えられています。石棒は前期に作られ始め、中期には大形のものが出現しました。

作品所在地の地図

関連リンク

石棒チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土面
室岱遺跡出土石棒
玉杖形石製品
遮光器土偶
土版
ページトップへ