文化遺産オンライン

岩偶

がんぐう

作品概要

岩偶

がんぐう

考古資料

出土地:青森県三戸郡

縄文時代 6000年前~5000年前

石製(砂岩製)

縦5.4 横4.9 厚2.0

1軀

縄文時代前期の東北北部から北海道南西部にかけて出土する石製の人形である。逆三角形の体部のみで、正中線、胸に折り伏したような両腕様の表現が特徴である。土偶や岩偶などの人形は縄文時代を通して見られるが、縄文時代前半期のものは本品のように頭部や四肢を簡略化して表現するものが一般的である。

岩偶をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

土偶 / 縄文 / / 四肢

関連作品

チェックした関連作品の検索