浮彫り西洋婦人文水注 ウキボリセイヨウフジンモンスイチュウ

陶磁 / 江戸 

青木木米/京都 (1767-1833)
あおきもくべい
江戸時代/19世紀前期
陶器
高10.3 口径6.3 胴径10.6
1点
池長孟コレクション

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『』神戸市立博物館所蔵 阿蘭陀絵伊万里とびいどろ・ぎやまん展-江戸のオランダ趣味』(1998)

器体の中程に継ぎ目が残る、型作り成形による急須です。側面に施された西洋婦人像のレリーフは、銅版画などを参考にしたのでしょう。蓋裏面に楕円形の印銘「木米」とあることから、京都の陶工・青木木米(1767-1833)の作と考えられています。

木米は、京都で磁器を創製した奥田頴川(1753-1811)に師事し、中国やオランダ陶器を写した煎茶道具を手掛けています。なお、収納箱には「木米製/阿蘭蛇形急須」の書付が残っています。



【近世・近代の漆工・陶磁器・染織】

作品所在地の地図

関連リンク

浮彫り西洋婦人文水注チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付洋文字に獅子図水指
藍絵花卉文四段重
藍絵西洋風景図大皿
藍絵西洋風景図大皿

製作者不詳/京焼系

黒織部沓形茶碗
色絵阿蘭陀皿(コルヌコピアをもつ女性像)
色絵阿蘭陀皿(コルヌコピアをもつ女性像)

製作者不詳/オランダ・デルフト窯

ページトップへ