蓮華文軒丸瓦 れんげもんのきまるがわら

考古資料 / 奈良 / 奈良県 

出土地:奈良市登大路町興福寺出土
奈良時代・8世紀
土製
18.4×6.5
1個

 本資料は8世紀後半の興福寺創建時の軒丸瓦である。興福寺は南都七大寺の一つで、古代国家における官寺の成立と展開を考える上で、きわめて重要な寺院である。   (2005/03/26_s32 or 2005/05/24_h24)                

作品所在地の地図

関連リンク

蓮華文軒丸瓦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

複弁八葉蓮華文軒丸瓦(伝東大寺出土)
素弁八葉蓮華文軒丸瓦(伝奈良県横井廃寺出土)
単弁八葉蓮華文軒丸瓦(伝奈良県山村廃寺出土)
鴟尾
素弁蓮華文軒丸瓦
ページトップへ