複弁蓮華文軒丸瓦 ふくべんれんげもんのきまるがわら

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土
奈良時代
粘土
瓦当面復元径17.2㎝、残存長6.9㎝
1点
室内遺跡(房王寺廃寺)
須恵質

複弁蓮華文というよりも、単弁蓮華文が二つ重なった文様と表現する方が正確と考えられます。外側の花弁の中に短い子葉を表現します。中房の部分には蓮子が1+8粒設けられています。



【名品2019】【古代の神戸】

作品所在地の地図

関連リンク

複弁蓮華文軒丸瓦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

複弁蓮華文軒丸瓦
複弁蓮華文軒丸瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

室内遺跡(房王寺廃寺)出土瓦
室内遺跡(房王寺廃寺)出土瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

重圏文軒丸瓦
重圏文軒丸瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

唐草文軒平瓦
唐草文軒平瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

唐草文軒平瓦
唐草文軒平瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

ページトップへ