文化遺産オンライン

均正唐草文軒平瓦(伝東大寺西塔跡出土)

きんせいからくさもんのきひらがわら(でんとうだいじさいとうあとしゅつど)

作品概要

均正唐草文軒平瓦(伝東大寺西塔跡出土)

きんせいからくさもんのきひらがわら(でんとうだいじさいとうあとしゅつど)

考古資料 / 奈良県

奈良時代 8世紀

土製

巾28.5

1個

伝奈良市雑司町出土

 東大寺出土の軒平瓦は、内区に新たに対葉形宝相華文を中心飾とし、その左右に唐草文を配した均正唐草文を用いている。東大寺は752年に大仏開眼供養が行われているが、そこに葺かれた瓦も新形式が採用され、いかにも総国分寺の建立にふさわしい。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, pp.280-281, no.13-11.

関連作品

チェックした関連作品の検索