Square eaves-end tile (Excavated presumably from the pagoda site of Tōdai-ji Saitō, Nara)

Details

Square eaves-end tile (Excavated presumably from the pagoda site of Tōdai-ji Saitō, Nara)

Archaeology / Nara

Nara period, 8th century

Baked clay

L 28.5

1個

Excavated presumably from the pagoda site of Tōdai-ji Saitō, Nara

 東大寺出土の軒平瓦は、内区に新たに対葉形宝相華文を中心飾とし、その左右に唐草文を配した均正唐草文を用いている。東大寺は752年に大仏開眼供養が行われているが、そこに葺かれた瓦も新形式が採用され、いかにも総国分寺の建立にふさわしい。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, pp.280-281, no.13-11.

Related Works

Search items related to work chosen