複弁蓮華文軒丸瓦

考古資料 / 奈良 / 奈良県 

出土地:奈良市 東大寺出土
奈良時代・8世紀
1個

【国分寺・国分尼寺の瓦】
119字
天平13(741)年の聖武天皇の詔@みことのり@によって、全国に国分寺@こくぶんじ@と国分尼寺@こくぶんにじ@が建立されるようになりました。各地では、東大寺の瓦の文様をまねて作られましたが、地域独特の文様で作られることもありました。瓦の文様は地域や国分寺どうしの結びつきを考える重要な手がかりとなります。

作品所在地の地図

関連リンク

複弁蓮華文軒丸瓦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

素弁蓮華文軒丸瓦
複弁八葉蓮華文軒丸瓦(伝東大寺出土)
下総国分尼寺跡
均正唐草文軒平瓦(伝東大寺西塔跡出土)
甲斐国分尼寺跡
ページトップへ