上高根行者堂遺跡出土の軒丸瓦・平瓦・丸瓦 かみたかねぎょうじゃどういせきしゅつどののきまるがわら・ひらがわら・まるがわら

土器・土製品類 / 奈良 / 中部 

愛知県
奈良時代
(軒丸瓦瓦当文様の特徴)
内区に中房蓮子配置1+8の複弁蓮華文を飾り、
間弁は独立したY字形を呈し、外区の内側の縁は
二重圏線文、外側は凸鋸歯文を配置

(軒丸瓦の製作…
軒丸瓦瓦当面の径13.5㎝
軒丸瓦2点、平瓦7点、その他丸瓦
豊明市二村台一丁目(唐竹小学校内)
豊明市指定
指定年月日:20200401
豊明市
有形文化財(美術工芸品)

作品所在地の地図

関連リンク

上高根行者堂遺跡出土の軒丸瓦・平瓦・丸瓦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

室内遺跡(房王寺廃寺)出土瓦
室内遺跡(房王寺廃寺)出土瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

素弁八葉蓮華文軒丸瓦(伝奈良県横井廃寺出土)
重圏文軒丸瓦
重圏文軒丸瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

唐草文軒平瓦
唐草文軒平瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

唐草文軒平瓦
唐草文軒平瓦

長田区前原町1丁目、六番町2丁目 室内遺跡(房王寺廃寺)出土

ページトップへ